はじめに


自分(男)が30代のときに20キロのダイエットに成功した方法をふまえたダイエット方法です。



ただ、時間をかけてやる方法なので、とりあえず健康問題で怖い血液のドロドロ(中性脂肪、悪玉コレステロール)に関して、短期間で改善した人の話もあわせて紹介しています。


  

この記事の目次


肥満で怖いのが脳梗塞・心筋梗塞


  

ダイエットには旦那の自主的な協力は不可欠





ダイエットの方法に入る前に旦那さんの意思について確認しておくことがあります。


  • ダイエットには旦那の自主的な協力が不可欠
  • ダイエットを旦那に内緒でやるなら、別のサイトで




ダイエットには旦那の自主的な協力が不可欠


ダイエットの方法に入る前に、旦那がダイエットに賛成なのか?乗り気ではないのか?でやり方は大きく変わります。



もしも、旦那のダイエットをやるのなら、こっそりやるのか?それとも、同意を得るところから始めないといけないのか?を決めないといけないからです。





ダイエットを旦那に内緒でやるなら、別のサイトで


旦那のダイエットを内緒でやるしかないのなら、ダイエットしない旦那をその気にさせる怖~い話4つで書こうと思います。



ただ、こちらのサイトでも、旦那がダイエットをしたくない人の場合の対策 ~その1~旦那がダイエットをしたくない人の場合の対策 ~その2~を追加しましたので、そちらだけご一読されることをおすすめします。





  
  

肥満で怖い大病のリスク7つ



肥満で怖い大病はいろいろあるのですが、突発的に来る脳梗塞・心筋梗塞をメインに「旦那が大病を患った場合、どんな大変な将来が待っているのか?」ということについて書いていきます。


脳梗塞・心筋梗塞



脳梗塞・心筋梗塞は以下のようなプロセスを経てからなるため、時間がかかりますが、その進行は外からはわかりません。


体についた脂肪(特に内蔵脂肪)は血液中の脂質代謝を狂わせる

中性脂肪の増加
悪玉コレステロールの増加
善玉コレステロールは減少

動脈硬化

脳梗塞・心筋梗塞



となります。 以下、こうなった時の怖いリスク7つです。






まずは、脳梗塞、心筋梗塞を発症したら、亡くなる可能性があります。





半身麻痺・寝たきり・車椅子(生活)


なんとか死を免れたとしても半身麻痺・寝たきり・車椅子(生活)といった不便な生活を強いられることがあります。


半身麻痺・寝たきり・車椅子の図



車椅子なんかは、ちょっと段差があるだけでも転倒の恐怖がつきまといます。


車椅子の不便さ





引用元:街の中のユニバーサルデザイン 車いすとスロープ : Fujitsu Japan
http://www.fujitsu.com/jp/about/businesspolicy/tech/design/kids/ud/station-h1.html




当然、階段は登れません。(降りることもできません。)それどころか、ちょっとの段差も一苦労です。(転倒の恐怖がつきまといます。)



一人で外出もできませんし、家の中でも(一人で)2階に上がったりすることはできません。



車椅子を押す人も結構な重労働を強いられるかもしれません。





まわりの家族の介護疲れ





脳梗塞・心筋梗塞を起こして、重い障害を持つと、まわりの家族が介護の苦労を強いられることになります。



あまりのきつさで介護疲れ、なんてことも起こりかねません。





経済的破綻


巨額の費用請求 ・ お金に困る2人 ・ 借金に苦しむ人の図


医療費や障害を持つことによる経済的負担も馬鹿になりません。車椅子なんかも結構な費用がかかります。



余裕をもって貯蓄していたはずなのに、いつのまにか財産がほとんどなくなっていた、なんてこともないわけではないのです。





もらえる年金は半分以下!?


旦那さんの健康とお金を天秤にかけるような言い方で嫌なのですが、切実な経済問題につながる場合もあるので、一応、書いておきます。



もしも旦那さんが早くに亡くなられた場合、


  • 国民年金は遺族年金としてもうらことになるけど、(旦那さんが生きている時にもらえる額の)半分以下
  • 厚生年金(会社で積み立てた年金)は0(もらえない)



ということが起こりえます。



これは会社にもよるので必ずこうなるとは言えないのですが、よくよく調べてみれば、もらえる額はこんなに減るものだった!!なんてこともあるわけです。



これも一つのリスクと言って良いでしょう。








以上、かなり悲観的に書いてきましたが、ポイントとなる大きな分岐点は脳梗塞・心筋梗塞を発症させてしまうかどうか?ということになります。



現時点でも、もしかしたら


  • 少しだけでも改善を始める → 将来、脳梗塞・心筋梗塞を避けられる
  • 何も始めない → ○才で脳梗塞・心筋梗塞を発症する



という大きな分岐点に立たされているのかもしれません。



「肥満も怖いが血液中の中性脂肪が高いのも怖い」という方は、このページの下にある




中性脂肪を劇的に減らした人の体験談のサイト



が参考になるかと思います。



  
  

サイト管理人が成功したダイエットの方法



では、本題の「サイト管理人が成功したダイエットの方法 」です。



旦那さんが会社員であったりする以上、この条件は無理!というものもあるかと思いますが、一応、「理想的にはこうすると良い」ということを書いています。



できるところだけ取り入れていくようにすると良いかと思います。


  • 管理人が85キロから65キロのダイエットに成功した方法のサイト
  • 管理人が成功した方法




管理人が85キロから65キロのダイエットに成功した方法のサイト


自分がやったダイエットの方法と、それを踏まえた改善方法や考え方について以下のサイトに詳しく書いています。


参考リンク

ダイエットの成功談(男:85kg→65kg)を全部話すブログ
20kg減らしリバウンドなしの30代男のダイエット計画表


ですから、ここでは要点だけを簡潔に書いていきます。





管理人が成功した方法


自分は空腹を我慢するダイエットに2,3回失敗して、空腹をできるだけ我慢しないダイエットを行い、それで成功しました。



なので、やり方はかなりゆるいやり方になります。


  • お酒は飲めない
  • 朝は食べないか果物、昼は好きなものを食べる、夜好きなもの食べる
  • 食べるスピードは中盤から落としていく、(噛む回数を増やす)
  • 食事の終盤で見切りをつけて食後にコーヒーを飲む
  • 間食は甘いコーヒーのみ、どうしても何か食べたくなったら袋菓子を2~3個つまむ
  • 寝る前3~4時間は何も食べない




お酒は飲めない


自分はお酒は飲めない方だったので、元々、減らす必要がありませんでした。



これについては、食事と同じやり方で減らす方法を次の見出しで書いていきます。





朝は食べないか果物、昼は好きなものを食べる、夜好きなもの食べる


朝は食欲がないタイプなので、コーヒーだけでしばらく大丈夫で、お腹が空いたら果物(バナナ)を食べていました。



朝、食べる人のやり方についても次で書きます。





食べるスピードは中盤から落としていく、(噛む回数を増やす)


食事を食べる直前は、お腹が空いて早く食べ物を口にかきこみたいと思っていたので、序盤はガツガツと食べていました。



中盤から終盤にかけて噛む回数を増やして、食事のスピードをゆっくりにして、その分、食事量を自然に減らしていきました。(あくまで、ある程度の満腹感を感じる所までは食べます。)





食事の終盤で見切りをつけて食後にコーヒーを飲む


太っていた時は、苦しくなるぐらいお腹一杯に食べていましたが、ダイエットをしよう!と考えてからは、食事の終盤に「これくらい食べたら、後は食後のコーヒーでお腹一杯になるな・・」と思い、見切りをつけて食事をやめていました。



また、確かにコーヒーを飲んだら、「食べたい!」という気持ちはなくなるので、苦痛もありませんでした。





間食は甘いコーヒーのみ、どうしても何か食べたくなったら袋菓子を2~3個つまむ


食事と食事の間は、どうしてもお腹が空きます。このダイエット方法で一番苦しかったのは、この食事と食事の間でした。



ただ、甘いコーヒーを飲むと、1時間ぐらいお腹はもちます。



さらにどうしても何か食べたかったら、アルフォートとかミニバームロールなどといった1個1個が個包装されている袋菓子のお菓子を2~3個つまんで食べました。



・・・で、コーヒーを飲んで、仕事なり作業なりをしていると、空腹感が収まります。





寝る前3~4時間は何も食べない


これは一番難しいと思います。無理にやると今度は貴重な睡眠時間が削れてしまうので、「できれば」ということで書いておきます。



正直、寝る前の飲食が一番、脂肪として、体につきます。就寝3~4時間前は飲みものだけにしておきましょう。



どうしても何か食べたい!というときは果物が良いです。果物なら他のものに比べて、桁違いに消化の時間が早いので。





ただ、旦那があまりダイエットに協力的・乗り気でない場合、このような対策を提案しても、中々、やらないでしょう。



そんな旦那がもしかしたら、やる気になってくれるダイエット方法を紹介します。




  

旦那がダイエットをしたくない人の場合の対策 ~その1~





  • 糖質(ごはん、パン)は太る大きな原因
  • こんにゃく米で旦那にばれずに5kg痩せさせる
  • その他のおかずはどうする?



糖質(ごはん、パン)は太る大きな原因


実は、糖質(ごはん、パン)が一番太っている原因になっている可能性があります。



肥満の原因である中性脂肪に変わる栄養素は


糖質、たんぱく質、脂質


の3つとなります。



ただ、たんぱく質は筋肉、臓器、爪、髪、軟骨、その他といったいろいろな体の材料として使われるので、物理的?化学的?には中性脂肪にはなるのですが、糖質ほど中性脂肪にはならないそうです。



人によっては、「たんぱく質は、ほとんど中性脂肪にならない」という人もいます。



他に脂質(肉の脂身など)についてですが、肉の脂身などをご飯茶碗2杯も3杯も食べる人がいるでしょうか?そんな人は、まずいません。



分量的には、糖質よりはるかに少ない量しか摂取しません。



サイト管理人は85キロから65キロまで(その後2年近くかけて今は63キロ)ダイエットしたことがありますが、肉も揚げ物も食べていました。(量を少し節制しました。)



ですから、ダイエットをしよう、と思うのなら、摂取する糖質を減らすことが、最大の対策になるかと思います。



なので、旦那の太る原因の一つが、ご飯をたくさん食べる、というものであるのなら、こんにゃく米をご飯にこっそり混ぜる、というのが一つの方法になりますす。





こんにゃく米で旦那にばれずに5kg痩せさせる



こんにゃく米



こんにゃく米は入れる割合にもよるのですが、糖質を数十%OFFにすることができ、人によっては「こんにゃく米」が入っていると気づかないほど、味や食感が変わらなかったりします。(↓)


こんにゃく米で旦那に内緒で5kg減の引用文


実際に夫で行った実験です。
白ご飯に、こんにゃく米を混ぜて2か月で5kg落とさせました。
本人から「最近痩せてきた。悪い病気かもしれない」って相談を受けました(爆笑)

引用元:旦那を痩せさせたい!ちっとも努力しないヤツを痩せさせる方法を教えて!
http://www.karacure.com/pub/d80311b87e5c89988230162ff456bc8d



気づかれる恐れを感じる場合は、こんにゃく米を入れる割合を減らしましょう。



少しずつこんにゃく米の量を増やしていけば、旦那にばれる可能性は減っていきます。






その他のおかずはどうする?


こんにゃく米を気づかすに食べさせることがうまくいったら、その他のおかずは旦那がある程度満足するものを出すほうが良いでしょう。



上でも書きましたが、まずは糖質オフです。それで体重が減らないのなら、その次に脂質を減らしていきましょう。





  

旦那がダイエットをしたくない人の場合の対策 ~その2~





旦那がダイエットをしたくない人の場合の対策として、もう一つおすすめなのがこの大豆でできた麺「ソイドル」です。



たんぱく質(というか大豆)が主成分の、糖質を大幅にカットした麺です。



ソイ(=大豆)とヌードル(麺)のドルをとって、「ソイドル」だと思います。






糖質が90%以上オフなので、これを普通の麺と置き換えるだけで、糖質を抜いたダイエットとなります。






今は、袋ラーメンのスープ(の素)だけを売っていたりしますので、インスタントラーメンのようにソイドルをゆでてスープの素を入れれば、簡単に糖質大幅OFFラーメンが作れます。



肉、野菜を追加して、ソイドル2袋にしても、糖質大幅オフになるのではないかと思います。



(すいません。サイト管理人はすでにダイエットの必要のない体重になったので、ソイドルは試したことはないのです。m(_ _)m)



野菜も水を沸騰させる前から入れておけば、麺をゆでたときに、ちょうど良い煮加減になります。^^






ソイドルは、14食セットか28食セットで売られていますが、お試し7食初回限定で売られています。



初めて購入する人で、「旦那がこれを好むのか?」がわからないという場合は、こちらを先に購入されると良いかと思います。




ソイドル



少しお高いかもしれませんが、下の方で書いた肥満で怖い脳梗塞・心筋梗塞のように、一旦、脳梗塞などの重い病気を発症させたら、大変なことになります。



そのときにかかる費用・(介護による)労働力を時給換算した額は、こんなものではすまなくなるでしょう。



  

旦那さんのダイエット方法



上記成功法を読んでいただければ、おわかりかと思いますが、ダイエットのための生活習慣や食事量の変化は、本当に少しずつ・・・の方が負担が少なくて良いのです。



あとは、それを続けるだけ(習慣化)です。


  • 日々、忙しくストレスが多い中、新たな習慣をつけるのは負担になるもの
  • 食欲がないときは無理に食べない
  • 昼食、夕食前にグリーンスムージーを一杯
  • ご飯に血糖値の急上昇を抑える食物繊維を
  • 上述の管理人が成功したダイエット法
  • 通勤電車では健康に関するサイトをスマホなどで読んでもらう




日々、忙しくストレスが多い中、新たな習慣をつけるのは負担になるもの


旦那さんは会社で朝から晩までストレスだらけの生活を送り、家で好きなものぐらい思いっきり食べたい!という気持ちがあるかと思います。



これは個人で変わってくるので、このサイトで断定はできません。。。



ただ、自分の経験に照らし合わせるなら、このような想いはあるので、そこは奥さんの理解が欲しい所です。





食欲がないときは無理に食べない


これは朝食について書いているのですが、食欲がないときに無理に食べる必要はないです。



胃腸の負担にもなりますし、必要のないカロリーの摂取になります。



ただ、朝食を食べないと午前中、お腹が空くと思いますので、


  • バナナ(バナナケースに入れる)
  • 袋菓子のお菓子を数個
  • ダイエットクッキー
  • カロリーメイト



などの休憩室で、つまめるものを持っていくと良いかと思います。まあ、バナナはかなり勇気がいるので、下3つが現実的な路線でしょうか。



但し、このサイトは無理に空腹を我慢しない・・・というのがコンセプトなので、これらのものでは・・・と言う方は、素直に朝食を摂りましょう。





昼食、夕食前にグリーンスムージーを一杯


グリーンスムージーというのは、青物野菜や果物を凍らせてミキサーにかけたものを溶かしたジュースのような飲み物です。



凍らせただけなので、食物繊維も豊富に摂れるのが、野菜ジュースとかと少し違う所です。味はマンゴーなどの果物の味が多いです。



自分のダイエット方法にはなかったのですが、食事前に果物なり、スムージーといった食物繊維を摂取すると、糖質の急上昇を抑えられ、腹持ちがよくなります。



また、お腹も微妙にふくれるため、これから食べる食事の量も若干、減ります。



ただ、最初の1杯はビールでしょう!!という方もいらっしゃいますし、食事前にスムージーを飲む気になれない、と言う人もいるかと思いますので、そういうときは


ビールを1杯か2杯飲んだ後、グリーンスムージーを0.5杯飲む


とすると良いかと思います。



とにかく、旦那の負担にならない変化を何かでつけてやると良いです。



特に分量が多いと、うんざりして、続かなくなるので、一息で飲める分量が良いでしょう。





上述の管理人が成功したダイエット法


以下は、上述した管理人のダイエット方法と同じです。できるものを積極的に取り入れるようにしてもらいましょう。


  • 食べるスピードは中盤から落としていく、(噛む回数を増やす)
  • 食事の終盤で見切りをつけて食後にコーヒーを飲む
  • 間食は甘いコーヒーのみ、どうしても何か食べたくなったら袋菓子を2~3個つまむ
  • 寝る前3~4時間は何も食べない





通勤電車では健康に関するサイトをスマホなどで読んでもらう



ダイエット方法に関するサイトを読む


ダイエットをやるにしても、その方法はできれば頭にいれておいたほうが良いです。しかし、日々、忙しい旦那さんなら隙間時間にやってもらうほうが良いでしょう。



通勤電車の中などで、見ることができるのなら、参考となるサイトをスマホなどに登録しておいて、スマホで読んだり、スマホや手帳にメモをしてそれを読んだりするのが良いでしょう。





どういうメカニズムで脳梗塞などの怖い病気を発症するのか?というサイトを読む


中性脂肪を減らしましょう!と言われるより、中性脂肪が増えると悪玉コレステロールが増え、それがはがれた血管の膜の下にもぐりこみコブになり・・・・と、メカニズムを知っていたほうが、病気に対する恐怖を実感できます。



「読むだけ」の実感でも、積み重ねると意識の改革につながっていきます。



電車の待ち時間などで、やることがないときなどは、積極的に読むと良いかと思います。





  

旦那のダイエットのチェックは週1回



旦那さんの性格や奥さんとの関係にもよるのですが、奥さんからの「ダイエットをちゃんとやっているのか?」というチェックは、かなりうんざりするものだったりします。



「(旦那さんの)健康を心配しているのに!!」という気持ちはわかりますが、家にいるときぐらいボヘーっとしたい、というときにチェックを受けるのはうんざりするものです。



基本、やっているかどうかのチェックは週に1回ぐらいにしましょう。



また、完璧にできていなくても、部分部分で、やっていればそれでOKとします。



習慣の変化は続けることが大事です。そのためには、変化する部分(新しく始めた努力)は少しずつの方が望ましいものですから。



ただ、肥満で怖い脳梗塞、心筋梗塞の類は、早めに予防しておきたいものです。次はそのあたりの具体策を書いていきます。



  

中性脂肪を劇的に減らした人の体験談のサイト



脳梗塞、心筋梗塞の遠因となる中性脂肪について書いていきます。



中性脂肪を劇的に減らす方法の結論


これは旦那さんのダイエットのサイトなので、中性脂肪を減らすことについては、簡潔に書きますと


青魚の油に多く含まれているDHA・EPAを多く摂取する


ということになります。具体的には


  • 青魚の量が多めの缶詰を2日に1回食べる
  • サンマ弁当を週3回食べる
  • イマークSを毎日飲む



という方法です。これのどれか、もしくは複合的にやれば、血液がサラサラに改善される方向に向うと思います。



詳しいことは、中性脂肪1000以上の人に!約1年で300とか500下げた人の話をご覧ください。イマークSを一番安く購入する方法などを書いています。






他にも、以下のサイトの専門家の方が説明してくださっていますが、図や写真を豊富にのせて、素人の自分にもわかりやすく説明してくれていました。

血液ドロドロの状態と脳梗塞・心筋梗塞のメカニズムの図
血液ドロドロの状態


脳梗塞・心筋梗塞のメカニズムの図



引用元:体験!血液サラサラ検査
http://eonet.jp/health/special/special76_2.html










以上、旦那を20キロのダイエットに成功した30代男の方法で痩せさせる話、でした。






▲肥満で怖い大病のリスク7つ▲   ▲サイト管理人が成功したダイエットの方法▲
↑↑クリックすると上ページのそれぞれの部分に戻ります。↑↑